読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブスの私にできる事

本音美容・化粧品レビューブログ!実際に使用した感想・おすすめ紹介(^ω^)

私はブスと知ってから 悩み落ち込み〜認めるまで

【スポンサーリンク】

思春期真っ只中の中学2年生のあの日。眼鏡を買ったあの日。初めて自分が「ブス」だと気が付いた。

ブスを認めたくない

気がつくその日まで、私は自分の顔を「超可愛い」と思っていました。女友達からよく「可愛い可愛い」と言われ、生意気に中学生なりの彼氏もいて(恥ずかしくて会話もろくに出来ないような子供の恋愛です…)リボンが付いたピン留めなんかしてました。。
あの日、忘れもしない眼鏡を買ったあの日。
「今まで気が付かなかったけど、こんなに目が悪くなってたんだー!そういえば自分の顔ってアップでしかちゃんと見えてなかったんだなぁ」
と、鏡の前に立った私は…

「何このメガネ!超ブスに見えるんですけど」

どうにかメガネのせいにしたかった。このメガネが似合わないのかもしれないし、近視用のメガネって目が小さく映るし、レンズ越しって何か訳があるんじゃ…
本気でメガネのせいにしようとしましたが、本当は一瞬で理解してました。
「私ってこんなブスだったのか」

気が付いていない時期は幸せだった

ブスと気が付いてから一気に自信を無くし、今までの私の愚行を考えると恥ずかしくて外にも出たくなくなりました。
ブスと気が付いてない私は毎日笑い、自分がしたい事や気持ちを素直に表に出し、自分の意思を持ち生きていました。
もう少し夢見たかった。笑
でも早いうちに気が付けば、対処も早くできるので良かったのかなぁ。
女子からの人気でクラスのミス3位にも入った私だが、女性からの「可愛い」は信用してはいけないってこういう事だ。
ブスに気が付いて私のキャラクターも『ブス』になると、周りも私をブス扱いしてくるようになった。今までの私は、本当に可愛いかったのではなく『可愛いと言わないと傷付くかも』と思われてたのだと思う。

落ち込む時期

ブス人生の階段は大きく分けて5段階。

  1. 気が付いてない
  2. 気が付く
  3. 落ち込む
  4. 開き直る
  5. 認める

個人的に、落ち込み無くして最終段階の「認める」には行き着けないと思います。
とにかく落ち込みました。毎日鏡の前で泣きました。ドンドン自己嫌悪して、ドンドン根暗になり、ドンドン性格も歪みました。

ブスと気が付いた私に起こった変化

  • 友達を信用できません(ブスの私に優しいのは裏があると思いました)
  • 恋ができません(ブスの私が恋をするなんて笑われると思いました)
  • 友達同士で第三者の文句が出たら(私もきっと裏でそう言われてるんだと思いました)
  • 笑顔が作れなくなる(精神的に参って笑顔が作れなくなりました)
  • 友達が他の人と居ると嫌な気持ちなる(私の事嫌いになったのかなとすぐ感じてしまう)
  • 肌荒れも酷くなる(ストレスか思春期ニキビなのかブスには最悪の事態でした)
  • いじめられる(自分を大丈夫に思えないからか他人にも良いように使われました。)
  • 自分主張が全く出来なくなり、その後意思さえ分からなくなる(他人に合わせる事が楽であり、役目だと思った)
  • 他人より優れてない自分は、周りを癒したり安心させれる「引き立て役」的存在だと誇りに思った(自虐の中で、唯一ポジティブな考えがコレ。このおかげで自分の生きる存在が出来た気がして本気で嬉しかった)

引き立て役のブスの心境

私は皆んなにとって唯一の「引き立て役」しかもそれを喜びに感じてしまった。
皆んなもそれを喜んだ。天然ボケの担任の先生までもが「〇〇が居るとまだ自分は大丈夫だって安心するよね!笑」と笑って話した。
ブスと気が付き、自分の存在を自分で否定し続けていた所に、自分の存在を認める『引き立て役』とは、私にとって唯一の生きる術だった。
私は皆んなをもっと喜ばしたいと考えるようになった。
もっと喜ばしたい。もっと求められたい。
自分の気持ちより他人の気持ちを最優先した。
嫌な事も笑って受け入れた。そうやって自分を偽る事でしか自分を好きになれなかった。
だがしかしそれと同時に「皆んなは都合の良い私が好きなだけで、本当の私が好きなわけでは無い」と1人になると涙が出た。
「良いように使って」と自分から言っておいて「どうせ利用してるんでしょ」と泣く自分。でも周りに嫌われ、唯一の生きる術を無くす事が1番怖かった。

開き直る

高校生になったブスは、何か取り柄が欲しかったのか専門的な高校へ進学した。中学の友達が1人もいない高校へ。
新しい学校、新しい友達、そこにもう1人のブスがいた。

我が強いブスとの出会い

私は「我」がゼロ、もしくはマイナスといっても良いほど自分を抑えて生きていた。だがそのブスは前髪に5〜6個ほどカラフルなピン留めをし、ミニスカートを履き、人に甘えるのがとても上手なブスだった。
我の強い人間と我の弱い人間、仲良くなるのは当然だった。
私はその子の生き方に憧れた。
私的には初めて会った時自分と同等な結構なブスだなぁと思ったけど(ごめんよー。)周りからは「可愛い」と言われていたし、周りに人も集まり、その子自身も生き生きしていた。その子はとても人を惹きつける力があって、私もだんだんその子がとても可愛い美人に見えてきた。
仲良くなって知ったのはその子も自分の事を「ブス」と思っていた事。この子は開き直ってるから明るかったのだ。周りの評価を気にして

『周りにこう思われてるかもって落ち込んでどうすんの?周りを悪者にしないで、もっと周りを信じてみたら?』

私は周りを悪者にしてるとか、そんなつもり全くなかったけど、周りからしてみれば悪者にされる気分になるんだよって。
そこから今までのブス人生の悩みを打ち明けるうちに、2人で開き直るようになった。自虐をネタにして、とことん笑いにした。

自虐ネタって分からない人には痛々しい

私はナンパされた事がない。クラスの可愛い子達が、帰り道よくナンパされ困ってたので、一緒に帰るとあら不思議!全くナンパが無くなり「守り神」と拝まれたり。
皆んなは可愛いのにプラスで、プリクラの修正でデカ目になるのに、顔が標準から離れて居るからか?1人だけずっと顔認識されなかったり。
そんな事もその子なら爆笑してくれるんだけど、そうじゃない子達は(これ、笑って良いの?傷付かない?)と不安になってしまいます。あげくには「かわいそう」と周りが私を庇って、その子が悪者のようになってしまいました。

開き直る=笑って誤魔化す

笑いにしちゃおう!そうやって前向きに考えたら楽しいはず!
そう思ってましたが、自虐ネタってずーっとやられると周りは「ウザい」んですよね。。やっぱりネガティヴな表現なので。難しいですね。
開き直りや自虐ネタは、やり過ぎ&親密度が低い場合は禁物です。

オーラが見える先生現る。

高校3年生の担任の先生は、幽霊が視えると噂でしたが、ある日「オーラも視えてる」と告白しました。
散々人に合わせて、散々自虐してきた私のオーラを見てもらうと
「んー無い」でした。
( ゚д゚)
えっ無いとかあるの??他の子達が色んな色を教えてもらってた中、どうやらオーラが無いのは私だけでした。
そういえば朝、出席を取ってもらったのに欠席にされてた事が3〜4回あります。。
自分の意思から色が出てくるそうですよ〜。若い子は意思がはっきりしてない子が多いので、濁ってる子が多いそうです。

認める

高校卒業後、我の強いあの子と一緒に上京し、約2年間二人暮らしをしました。その中であの子の素晴らしい我の強さを半分貰いました。あの子は私から人に合わせる事を教えて貰えたと言いました。
2人合わせて2で割ると良いくらいだったのかも。
あの子のおかげで意思を持つ大事さをとことん感じ、私にも取り入れる事が出来ました。

意思を持たない事は責任を負わない事だ

2人でショッピングセンターに行った時
「どこのお店行く?」と聞かれると、いつも私は
「あなたの好きなお店でいいよ!」と答えてました。それが嫌われないし、むしろ喜ばれると思ってました。
しかし彼女は不機嫌になり
「いつも私が決めて居る。一緒に楽しむ気は無いのか」と怒りました。
私は楽しく無いと思い彼女が怒ったと思い
「趣味が似てるから楽しいよー!」と返すと
「そうじゃ無い。一緒に選びたい。一緒に楽しみたい。一緒にワクワクしたいのに、私が楽しませる側であなたは楽しむ側なの?1度くらいあんたが決めて、責任を感じて見たら?」そんな事言いました。私は合わせる事が喜ばれると思ったのになんで怒ってるんだろう??とその時は分かりませんでした。
のちのち「意思表示」ってこんな責任感じるんだと気が付きました。
「私はこのお店行きたい」(相手は興味無いかな暇かな)
「私はこんな家に住みたい」 (相手は嫌かな、大きすぎる意見だし)
「私はこれが食べたい」(相手は違うかも、でも気を遣って合わせてくるかも)
今までこんな発言した事なかったので、気が付かなかったけど、意思表示はとても気を遣います。私が決めといて、微妙な雰囲気になったらどうしよう。。ととても責任を感じました。
男の人にも多いかも?いつも買い物好きな彼女に付き合ってあげてる、彼女の行きたいところについていってあげてるって人。
どこに行って何をして何を食べるか、相手の事も考えながらするのは結構大変です。(他人の事考えない人はそうでも無いと思うけど)

意思を持つ事と認める事

人間だもの。意思が無いわけないし、それを誤魔化してたら、幸せになんてなれない。
私はブスである。
でも、だからと言って僻まない。
私はわたし。存在まで否定しない。
だって存在している。
考える脳がある、動く手足、身体がある。それだけで価値があり、意思がある。
努力したい。
変わりたい。
自分の評価は自分でしか決めれない。
例え、どんなに他人からブスだ!恥晒しだ!と言われても、自己評価とは自分の評価であり、自分が決める事。自分次第。
そんな風に捉えられるようになったのはここ最近。
好きな服を着て、好きな化粧して、好きな場所へ行き、家族と笑い合う。それを自分自身に許す事が出来た。
最近、息子達の笑顔が愛おしすぎて涙が出そうになる笑
顔はブスのままだか、考え方、物事の捉え方を変えるだけで人生は180度変わっていく。
私は目の前にある幸せを思いっきり噛みしめる事が出来るようになった。
80歳くらいのおばーちゃんになった気分。

認める事は認めて、素直にやりたい事をすると、幸せの感じ方がまるで変わりました。ブスの顔は嫌いだけど、恨みや憎い感情は無く、愛おしささえも感じます。